入院生活を犬とのふれあいで笑顔あふれるものにしたい!

by challenge

  • ¥500,000

    目標金額
  • ¥159,000

    支援総額
  • 1

    残り日数
  • Target Date

    Campaign End Method
Raised Percent :
31.80%
Minimum amount is ¥1000 Maximum amount is ¥100000
¥

challenge

7 プロジェクト支援 | 0 プロジェクト支援

プロフィールを見る


プロジェクトの概要

誰もがセラピードッグとふれあえるように。

ご支援いただいた資金をもとに、セラピードッグによる動物介在活動の、無償提供をしたいと思っています。

(※本プロジェクトページに使用している写真はお客様から掲載許可をいただいたものです)

セラピードッグって知っていますか?

セラピードッグとは、肉体的・精神的に問題を持つ人の不安を軽減し気力を高め、心と体の働きを取り戻す手伝いをするための訓練を受けた犬のことをいいます。

米国では高齢者施設や医療機関をはじめ教育機関、障害者施設、児童養護施設、刑務所等の様々な場所でセラピードッグたちが幅広く活動しており、最近では国内でも活躍の場が拡がってきました。

今回はそんなセラピードッグによる動物介在活動を、緩和ケア病棟に無償で提供し、その触れ合いの中で笑顔になって欲しいという思いからプロジェクトを実行することとなりました。

動物介在活動とは?

動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクリエーション・QOL(生活の質)の向上等を主な目的としたふれあい活動です。

 

プロジェクトの実施背景

今回のプロジェクトは、動物介在活動の無償化に向けて資金を集めたいという目的もありますが、現状日本でまだあまり知られていない動物介在活動(ドッグセラピー)を知っていただきたいという目的もあります。

日本では、依然としてセラピードッグに対する不安や懸念があります。例えば以下のようなものです。

・訓練を受けたセラピードッグとは言え、本当に人を噛んだり、吠えかかったりしないのか?

・万が一セラピードッグが利用者を噛んだり、吠えかかり転倒などで怪我をした時に誰が責任を取るのか?

・犬は散歩などで草村を歩くため、毛に色々な菌が絡み病院や高齢者施設に悪い菌を持ち込むのでは?

・セラピードッグが犬から人に移る感染症を持っている可能性はないのか?

などです。

しかし、セラピードッグは動物介在療法の前には、トリミングや、以下の点を注意するなどして、万全の清潔を保っています。

・セラピー直前には、除菌ティッシュで脚や肛門周りの消毒も行います。

・セラピードッグを引くハンドラーはアニマルセラピーの概要、効果、犬との接し方、利用者との会話術、犬と感染症の関係などを学び、認定を受けたハンドラーのみに限定をしております。

・協会会員以外は、セラピーの見学も認めておりません。

・当協会ではセラピードッグとふれあえるカフェを運営しておりセラピードッグたちはスタッフや、お客様から足や尻尾を踏まれたりする事もありますが、その程度では噛んだり吠えかかるようなことはありません。

・万が一、セラピードッグが利用者に怪我をさせてしまった時の保険にも加入しています。その上、協会で過去9年間の動物介在活動でも犬たちが利用者に怪我をさせるという事故は1度も起きていません。動物介在活動を安全に受けていただけます。

・セラピードッグたちは健康に少しでも不安がある場合は、すぐに動物病院にかけていますし、定期敵に健康診断も受けて健康と認められています。

そして、動物介在活動を受けた方の中には、久々の犬の温もりに喜び涙される方や、スタッフが驚くほどの笑顔を見せる方もいらっしゃいます。

総合病院の動物介在活動では、犬たちが動物介在活動のために入っていない病棟の患者さんが、まるでアイドルのコンサートのようにエレベーターの前で入り待ち、出待ちをして犬たちとふれあいに来ることもあります。

今回のクラウドファンディングへの挑戦は、私たちの活動が医療に対しても様々な可能性を秘めているものだということを医療関係者に知っていただくことも目的としています。

現状の課題

現在は病院等からの費用の負担が難しいという点があります。

2019年の12月に栃木県下野市にある自治医科大学附属病院の緩和ケア病棟に2頭のセラピードッグと動物介在活動に入りました。

入院中の患者様には大変喜んでいただけましたが、この活動のための費用は病院からの負担はなく医師、看護師による実費での割り勘にてまかなわれたものでした。

そのためこの先何度も実費での割り勘を募ることは厳しく、もうセラピードッグたちを呼ぶことはできないかもしれないと聞いています。

私たちは、セラピードッグたちとのふれあいを求めている人たちに動物介在活動を届けることができない心苦しさを感じました。

動物介在活動に参加される利用者の方は免疫力等が弱くなっている方が多いため、訪問に合わせてシャンプーやトリミングをして清潔な状態の動物たちを届ける必要があります。

しかし、一般的にトリミングサロンでシャンプーやカットをすると小型のトイ・プードルで5~6千円程度、体重が30kgを超えるスタンダード・プードルになると2~3万円が一般的なトリミング料金になってしまいます。

そのため現在は、動物介在活動を無償で提供することはできません。

利用料を無償化できれば、セラピードッグとのふれあいを本当に求めている人たちに動物介在活動を届けられるのではと考え今回のプロジェクトに参加することを決めました。

 

プロジェクトの実施イメージ

病院の緩和ケア病棟において、無償で動物介在活動を実施します。

 

緩和ケア病棟で入院されている方々と、セラピードッグが触れあえる場を提供します。

その中で、参加者はセラピードッグ、そしてセラピードッグハンドラーとの触れ合いを通じて心の健康維持を目指します。

ご支援いただいた資金を、以下のような費用に当てさせていただきます。

①セラピードッグたちの餌代、薬代、トリミング代、セラピーで使う犬のおやつや、除菌テッシュ等の備品。

※セラピー活動に参加される利用者の方は免疫力等が弱くなっている方が多いため、訪問に合わせてシャンプーやトリミングをして清潔な状態の動物たちを届ける必要があります。『清潔で元気な』セラピードッグを飼育していくにはトリミングは欠かすことができず、主に活動している協会の犬は4頭大型犬がいるため料金も高くなってしまいます。

②病院や、高齢者施設で動物介在活動をする時の交通費。

 

とちぎアニマルセラピー協会のビジョン

1、動物介在活動の効果で日本の医療費削減
2、動物の地位を向上させ人間と共に幸せに暮らす動物を増やす

2012年に行われた北海学園大学の研究で、アニマルセラピーを全国に展開することで、1350億円の医療費の削減につながるという結果が出ています。

また、19万頭以上の動物の需要が発生し、殺処分される犬を幸せな家庭犬に変え、動物の地位を向上させる可能性を秘めています。

うつ病患者や認知症高齢者などアニマルセラピーを必要とする人は多く、社会的にも需要が高まりつつあります。

犬との暮らしを求めたとき、安心して犬を迎えやすいように気軽に相談できる仲間がいる環境を整えていきたいです。

また同時に、母子家庭や、高齢による不安、犬を飼い続ける費用の問題など、様々な環境下で犬を飼えない人たちが犬とのふれあいを求めた時にも、セラピードッグたちが近くにいて、いつでもふれあえる社会をつくることを目指しています。

 

団体紹介

NPO法人栃木アニマルセラピー協会は、理事長である平澤剛夫妻が元盲導犬候補生イッシュとの暮らしの中で、動物の癒しの効果に興味を持ったことから始まります。

栃木アニマルセラピー協会理事長:平澤剛氏

人間の手伝いをすることが大好きなイッシュと共に人を喜ばせるような活動ができないか?と考え2011年「日本アニマルセラピー協会」で活動を始めました。

2016年からは、もっと地元に密着した活動がしたいと「NPO法人栃木アニマルセラピー協会」を立ち上げました。

また、前年の2014年には、全国で唯一の「セラピードッグカフェ まいら」を開店しています。

そして2018年からは、店の休日を利用して「認知症カフェオレンジマイラ」を開催しています。

栃木アニマルセラピー協会は、現在はセラピードッグと病院や、高齢者施設を訪れての動物介在活動を中心に、道の駅やショッピングモールでの啓発活動、セラピードッグとふれあえるカフェ「いぬかふぇまいら」を運営を主にしています。

イッシュは盲導犬の技能訓練には合格するも、最終適性検査で家庭犬として生きる方が幸せという判定を受けパピーウォーカーだった理事長夫妻の元に帰ってきました。

当初は、人の仕事を手伝うことが好きな彼はセラピードッグに向いているのでは?と親心から始めた活動でした。

そんな中、病院や高齢者施設を訪れての動物介在活動では、犬たちとふれあいスタッフが驚くほどの笑顔を見せられる方や、久々の犬たちの温もりに涙を流されて喜ばれる方、犬たちのコミカルな動きに起きる笑声。

そんな素敵な場を作り出す犬たちの力に驚き魅了されて続けて今でも、そしてこれからも活動を続けています。

セラピードッグとふれあえる「いぬかふぇまいら」では、セラピードッグとふれあえるのはもちろん、セラピードッグを介してお客様同士の会話が生まれカフェ以外でも交流する仲間になる方、協会のボランティアとして活動してくれる方もいらっしゃっいます。

「いぬかふぇまいら」もまた笑顔と笑いの絶えない場所になっています。

理事長夫妻が親心で始めた活動は、5年という年月を経て、共感するボランティアも徐々に集まり、たくさんの人を笑顔にする活動に広まっています。

応援よろしくお願いいたします!

リターン

¥1,000

■ワンチャンシール(1シート)

10月, 2020

お届け予定
支援者4

¥3,000

(遠方の方向け)
■ワンチャンシール(1シート)
■サンクスメール
■活動報告書

10月, 2020

お届け予定
支援者0

¥3,000

■サンクスメール
■活動報告書 
■CafeMaeraで使えるドリンク無料券
(アルコールは除く)
場所:栃木県鹿沼市日吉町846
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日、第一・第三月曜日
※有効期限:2021年12月
※ご来店いただいた方にお好きなドリンクと交換させていただきます。

10月, 2020

お届け予定
支援者5

¥5,000

■ワンチャンシール(1シート)
■CafeMaeraで使えるケーキセット無料券
(アルコールは除く)
場所:栃木県鹿沼市日吉町846
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日、第一・第三月曜日
※有効期限:2021年12月
※ご来店いただいた方に自家製ケーキとお好きなドリンクのセットと交換させていただきます。

10月, 2020

お届け予定
支援者2

¥10,000

(遠方の方向け)
■サンクスメール
■活動報告書
■スタッフTシャツ
■ワンチャンシール(1シート)

10月, 2020

お届け予定
支援者0

¥10,000

■サンクスメール
■活動報告書
■ワンチャンシール(1シート)
■CafeMaeraで使えるケーキセット無料券×2枚
場所:栃木県鹿沼市日吉町846
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日、第一・第三月曜日
※有効期限:2021年12月
※ご来店いただいた方に自家製ケーキとお好きなドリンクのセットと交換させていただきます。

10月, 2020

お届け予定
支援者7

¥30,000

(遠方の方向け)
■サンクスメール
■活動報告書
■Tシャツ&ブルゾン
■協会ホームページと「いぬかふぇまいらのサンクスボード」にお名前または会社名を掲載いたします。

10月, 2020

お届け予定
支援者0

¥30,000

■CafeMaeraで使えるお食事セット無料券
場所:栃木県鹿沼市日吉町846
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日、第一・第三月曜日
※有効期限:2021年12月
※ご来店いただいた方にお好きなパスタとお好きなドリンクのセットと交換させていただきます。
■Tシャツ&ブルゾン

10月, 2020

お届け予定
支援者2

¥50,000

(遠方の方向け)
■セラピー活動に参加するために必要な「セラピードッグハンドラー」の認定試験を受験する資格です。
(セラピードッグハンドラーの先輩がメンバーが勉強のコツなどを5回に分けてお教えします。遠方の方は、zoomやスカイプを使ってお教えします)

10月, 2020

お届け予定
支援者0

¥50,000

■CafeMaeraで使えるお食事セット無料券×3
■スタッフTシャツ

10月, 2020

お届け予定
支援者0

¥100,000

■CafeMaeraで使えるお食事セット無料券×10
■Tシャツ&ブルゾン
■サンクスメール
■活動報告書

10月, 2020

お届け予定
支援者0

¥100,000

■セラピー活動に参加するために必要な「セラピードッグハンドラー」の認定試験を受験する資格です。
(セラピードッグハンドラーの先輩がメンバーが勉強のコツなどを5回に分けてお教えします。遠方の方は、zoomやスカイプを使ってお教えします)
■Tシャツ&ブルゾン
■サンクスメール
■活動報告書

10月, 2020

お届け予定
支援者0
日付 名前 支援額
2020年07月30日 篠崎 久美子 ¥1,000
2020年07月25日 吉原 千裕 ¥1,000
2020年07月23日 黒澤 聖美 ¥10,000
2020年07月21日 工藤 政信 ¥3,000
2020年07月20日 沼尾 利郎 ¥30,000
2020年07月18日 八幡 徳子 ¥3,000
2020年07月18日 吉澤 菜々美 ¥10,000
2020年07月16日 藤川 瑞江 ¥3,000
2020年07月15日 渡辺 真美 ¥5,000
2020年07月15日 和知 和子 ¥3,000
2020年07月14日 早田 美智子 ¥3,000
2020年07月14日 荒木 佳子 ¥5,000
2020年07月12日 齋藤 久江 ¥10,000
2020年07月12日 藤田 尚之 ¥10,000
2020年07月12日 太田 由香 ¥10,000
2020年07月12日 篠原 美江 ¥10,000
2020年07月11日 近藤 浩子 ¥30,000
2020年07月10日 佐藤 秀明 ¥10,000
2020年07月10日 小池 いづみ ¥1,000
2020年07月08日 石原 圭恵 ¥1,000

レビュー

レビューはまだありません。

“入院生活を犬とのふれあいで笑顔あふれるものにしたい!” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です